介護保険って?

介護保険の使い方

初めて使うには

行政の窓口に申請してください。介護のサービスをお使いになりたい方が65歳以上ならば、お手元に介護保険証があると思いますので、ご準備ください。

申請の方法
ご自分で申請する場合
市役所・各総合事務所・お近くのサービスセンター窓口に介護保険証を提出し、申請書類を記入すれば申請手続きができます。
申請を代行してもらう場合
ご希望の居宅介護支援事務所(ケアマネージャーのいる事業所)までご連絡ください。申請書類の作成、窓口での手続きを代行いたします。

※65歳未満の方、お手元に介護保険証が見当たらない方は、各窓口あるいは居宅介護支援事業所にご相談ください。介護保険のサービスを使うにはおひとりに1つずつのケアプラン(介護計画)が必要になります。介護サービスをご希望されるときは居宅介護支援事業所にご連絡ください。

どのような方が使えるの?

介護保険のサービスを利用するには、行政の窓口に申請して介護が必要な状態かどうかの判定を受ける必要があります。判定は以下の手順で進みます。

判定のために本人の情報を集めます
主治医の意見書
本人の身体の状態などについて主治医が意見書を作成します
訪問調査
日常生活において介護が必要な状態かを実際に自宅で調査します
集めた情報をもとに判定します
認定審査会
意見書と調査書をもとに介護が必要な状態かどうかを判定します
介護保険の認定が決まりましたら、ケアプラン(介護計画)を作成し、実際のサービス利用となります。 申請から判定まで約1か月かかります。緊急にサービスの利用が必要な場合は申請時にご相談ください。 判定結果が非該当(お元気で介護が必要ない)となる場合もあります。介護保険の対象とならない方のための高齢者福祉サービスもございます。市役所、各総合事務所の高齢者相談窓口までご相談ください。