三味線ボランティア(10月19日)

今年はなんだか、お天気の悪い日ばかりだと思っていたら、このごろ、ほ~んとポカポカといい日が続いて嬉しくなっちゃうわ。
こんな日はお散歩、お散歩。。

津軽三味線 あら、ケアホームしあわせの大林(たいりん)ホールから、チントンシャン・・あれは。三味線ね!
今日は2018年10月19日(金曜日)、ケアホームしあわせに三味線ボランティアの若月幸治郎先生が見えてくださり、14:00~15:00まで演奏を披露してくれたのよ。

デイサービスしあわせの利用者さん、ケアホームしあわせに入所している方、ショートステイの方など合わせて50人余の人が集まっていたのよ。すごい人気!
手拍子で盛り上がり 演目は「斎太郎節(さいたらぶし)」から 始まり、「ソーラン節」「花笠音頭」を皆で歌ったり手拍子したり。端唄と呼ばれる「秋の野に出て」の朗々と響く歌声に聞き入ったり。
お客さんは、あとから聞きつけて来られる方や、疲れて部屋にお戻りになる方もいて、職員さんが目配り気配りでスムーズに対応しているのが印象的だったわ。

会場からのリクエストで「春雨」を演奏したり、三味線の醍醐味、津軽どんどろ、津軽じょんがらなどを聞いてはそのテクニックに圧倒されちゃった。
踊りを披露 その後は着物を着替えて、踊りの演舞。「天龍流し」「夫婦かたぎ」は決まっていたわねー。客席まで降りてきて踊るので利用者さんとの距離もぐっとぐっと縮まったわ。

アンコールでは三山ひろしの「男の流儀」。車椅子の方が多いのでスタンディングオベーションとは行かないけれど、拍手はすごかったわ~。

元気をもらえる企画がたくさんあって、職員さんが盛り上げて、安心して楽しめるというのが、秋のお散歩日和にちょうどいいアクセントになったみたい

しあわせ納涼祭

私はしあわせ花子です。

2014年8月20日にしあわせの園の食堂で行われた納涼まつりのレポートをします。

参加したのはしあわせの園を利用しているおじいちゃんやおばあちゃん40人ぐらいと、法被を着た職員さん10人職員さんの子供さんとそのお友達。浴衣を着ている職員さんもいたわねぇ。

着られるおじいちゃんやおばあちゃんも法被を着て、職員さんが写真を撮ったりして、いつもの食堂はお祭りムード全開だったわね。

最初は盆踊りで、炭坑節とか東京音頭をみんなで踊ったの。おじいちゃんやおばあちゃんも、手拍子したり体を動かしてたわね。職員さんが踊りながらおじいちゃんやおばあちゃんを踊りの輪の中に誘ってたわね。

みんなほんとうに楽しそうだったわね。

踊ってみんな楽しい気分になったところで、

じゃーん!!

屋台をこしらえて、お好みやきとやきそばでさらにお祭りムード高まったわね。

はじっこによけてあったテーブルを真ん中に出しておじいちゃんやおばあちゃんもおいしそうに食べてたわね。職員さんがおじいちゃんやおばあちゃんが食べるの困らないようにいつもと変わらない心遣いをしていたわね。

さすが、しあわせの園の職員さんだわね。

おじいちゃんやおばあちゃんが食べるのを手伝いながらみんなの写真を撮りまくってたわね。
楽しそうな様子や笑顔を残らず思い出にするわって感じで。私もシャッターチャンスを一所に探したわね。

おもちゃの鉄砲でペットボトルや缶を打つ「射的ゲーム」にもシャッターチャンスが有ったわね。おじいちゃんもおばあちゃんも、夢中になってたわね。

球が当たるとすかっとするのよねぇ。

大盛況で、最後の方は順番待ちをしてたわね。私たち子供もやったわね。

お祭りは1時間ぐらいだったけどとても楽しかったわね。

納涼祭-デイサービスセンター

デイサービスセンター都田/都田の里では、8月22日から一週間、納涼祭を開催しました。 この記事は8月22日の様子です。午後1時半~3時くらいまで楽しみました。 (ビンゴ大会)ビンゴ大会 まずダイニングルームに利用者さんが一同に集まり大ビンゴ大会から。 職員の発表する番号に一喜一憂の盛り上がり。 ビンゴの方にはお菓子のプレゼント。 数字のわかりにくい方も職員が丁寧にサポートしました。
(お祭りプログラム)お祭りプログラム ビンゴ大会が終わると、配っておいたプログラムのイベントが デイサービスセンターの各所で行われ、利用者の方はご自分で イベントを回って楽しめるようになっていました。 [1 射的] 可愛らしい標的ですが、真剣に狙いました。[1 金魚すくい] [2 金魚すくい] 冷たい水に手を入れて、流れてくる金魚を上手にすくいました。 [3 輪投げ] 狙いを定めて、集中して投げられました。 [4 かき氷] 甘いかき氷で一息つけました。 [5 カラオケ] 懐かしい歌を手拍子に合わせて歌いました。 [6 盆踊り] 浴衣や法被姿で輪になって踊りました。 利用者の皆さんはお祭り気分を楽しんでいました。 射的金魚すくい輪投げカラオケ盆踊り

夏祭りの屋台

9月14日(土曜日)、きれいな夕焼けの見えるケアホームしあわせの玄関先は職員さんがたくさん準備に追われていました。 今日は地元の夏祭り。 屋台が立ち寄ってくれることになっているのです。職員さんはおもてなしの準備をしていたのです。 ケアホームでは屋台が立ち寄る6時半といえばちょうど夕食の時間。外のにぎやかさに見物する利用者の方もいらっしゃるかもしれません。 時間が近づくと地域の子供たち、大人も続々と玄関前に集まり始めました。 全景 にぎやかなお囃子とともに大勢の子供たちにひかれた屋台が到着しました。屋台が停車してごあいさつ。職員さんたちはおにぎりやお菓子、飲み物などを配っていきます。子供たちはそれをもらっては元気よくお礼を言ってくれました。 この賑やかさにつられてか、ケアホームのベランダには何人かの利用者の方が出てきておられました。 ベランダから見物も 30分ほど屋台の衆がくつろいだ後、集合して激練が始まります。万歳三唱のあと元気に屋台は出ていきました。ベランダには数名の利用者の方がずっとご覧になっていました。 激練!

ケアプランセンターしあわせのご紹介

ケアプランセンターしあわせの ご紹介

2010年1月15日

ケアプランセンターしあわせは、ケアホームしあわせの中に事務所を置いて8名のケアマネージャーが働いています。ここでは在宅の介護サービス全般のマネージメントを行っています。 介護保険による介護サービスの利用は、申請、認定、計画、利用といった流れ(下図)となりますが、ケアプランセンターでは利用者様の在宅でのサービスのご利用がうまく進められるように、訪問してご相談にのったり、サービス事業者との調整を行ったりしています。 (施設への入所の場合は、その施設の相談員やケアマネージャーがサービスの調整を担当します) 100115careplan ご自宅での生活に不安が生じたり、ご家族や地域の方が問題に気づいて相談する窓口としては地域包括支援センターがあります。ケアプランセンターでもご相談はできます。 ケアプランセンターしあわせは居宅介護支援事業所としては比較的多くのケアマネージャーを擁しており、200名近い利用者様の介護計画を作成しています。担当エリアも北区全体で、様々なサービス事業者と連携して利用者にもっとも適した介護計画の策定と実施を進めています。 具体的な仕事は、申し込み者のお宅に訪問してご本人や介護者のご相談にのり、介護計画(ケアプラン)を立て、保健・医療・福祉・サービス事業者と連絡会議を持ちながら毎月毎月利用者の状況を確認してサービスの微調整を繰り返すことです。月ごとにサービスの利用料金の見積もり、保険請求などの帳票の作成も行っています。 ここ数年の傾向として男性の利用者様が増えたように感じます。いままでご家族(特に奥様)の手で行うことが多かった介護ですが、上手にサービスを利用するケースが増えてきたのではないでしょうか。 利用者様、ご家族ともに人生の先輩であることがほとんどですのでご相談をすすめる上で心がけていることがあります。それは相手のお話をよくうかがい、お互いの信頼関係を築くことです。ケアマネージャーはそれぞれが基本となる職種(社会福祉士や介護福祉士など)を持っており、相談やコミュニケーションのプロと言えます。職員は週1回は話し合いの場を持ち、刻々と変化する情報の共有や、さらなるスキルアップに努めています。