しあわせ給食便り 8月号

しあわせ給食便り 8月号

栄養けんこう部社会福祉法人 公友会 栄養課

脱水予防

脱水症状(元気がない・めまい・吐き気・発熱・意識障害など)は、身体の中の水分が不足して起きます。トイレの回数を気にし、お茶や汁物の摂取を控えていたり、加齢と共に体内の総水分量の減少やのどの渇きを感じにくくなったり、疾病などが原因で脱水症状を起こしやすくなります。

~脱水症状を防ぐためのポイント~

  1. のどの渇きを感じなくても定期的に水分をとる。
    (1日1㍑~1.5㍑を目安に)

    毎食時、寝る前、起きた時、入浴の前後、散歩や汗をかいた後など

  2. 3食の食事をきちんと食べる。

    食事(ご飯やおかず)からも水分をとっています。汁物もできるだけつけましょう。

  3. 果物やゼリーでも水分補給。

    夏が旬のスイカは水分が90%以上と多く含まれています。 また冷やして食べるとより甘みを感じます。果物やゼリーは糖分が含まれていますので、食べすぎには注意してください。

  4. 暑い時間帯の外出は避け、外出時は帽子をかぶる

~こんな時は特に水分補給を~

  1. トイレの回数や1回の量が減ってきた・尿の色が濃い時。
  2. 口の中がネバネバしてきた時。
  3. 食事の摂取量が少ない時。
  4. 元気がなく、活動量が減ってきた時。汗をかいた時。
  5. 下痢や発熱時。など
下向き矢印
ORSの成分
水 1 ㍑
砂糖 40g(大さじ4と1/2杯)
食塩 3g(小さじ1/2杯)

体内の水分だけではなく、ナトリウムやカリウムなどの電解質も失われています。水分のみのお茶や水ではなく、食塩などの電解質が入ったものを摂取しましょう。スポーツドリンクやORS(経口補水液)です。ORSは水・砂糖・食塩を一定の割合で溶かしたものです。身近な材料ですぐでき、水分・塩分が補給できます。

担当:管理栄養士 田中

トマト牛乳スープ

トマト牛乳スープ e38388e3839ee383881   +     e7899be4b9b31        健康スープ      トマトには「リコピン」という肌の老化を進める活性酸素を除去する役割があります。その他にもシワの予防や美白効果も期待が出来、最近では紫外線の害も抑える効果があると言われています。トマトは生で食べるよりも加熱した方が吸収されやすく、更に牛乳と一緒に摂るとトマトだけよりも3倍の吸収性があります。そこで、トマトと牛乳で出来る簡単スープをご紹介します。(およそ6~7人分です) ① トマト中2個を1cm角の大きさに切ります。 ② 中片手鍋の半分まで水を入れコンソメ2個とトマトをいれ10分ほど煮込みます。 ③ ②の鍋が8分目になるくらいまで牛乳を加え火を弱めます。 ④ 沸騰しないように全体を温めたら出来上がりです。  トマトと牛乳とコンソメだけで作るシンプルなスープです。 ほのかな酸味と牛乳の甘みがマッチし飲みやすい味です。是非、お試し下さい。 1人分の栄養価(スープ約200mlとして) エネルギー 75kcal  、蛋白質 3.6g  カルシウム 114mg、塩分0.5g     

南瓜のおやき/南瓜の簡単パイ

南瓜のおやき夏野菜~南瓜のおやつ~

「南瓜のおやき/南瓜の簡単パイ」

南瓜は栄養価の優れた食品で、特にカロチンとビタミンEが豊富です。ガンなども予防する抗酸化作用があると言われています。また、糖尿病の改善にも効果があり、その他にも血圧の安定・肝機能の促進・解毒効果・血行促進・胃潰瘍の改善など、様々な生活習慣病に効果が認められています。栄養的にもカロチンの他に、ビタミンC・B1・B2も多く含まれており 「南瓜を食べれば風邪を引かない」と言われる由縁です。今回は簡単に出来るおやつをご紹介します。
【作り方】

南瓜お焼き

  1. 南瓜を適当な大きさに切り、ひとつまみの塩を入れた水で茹でます。(皮は好みで入れても入れなくても可)
  2. 茹だった南瓜の水分をきり、滑らかになるまで潰します。
  3. 砂糖と醤油で味を付け、小判型に丸めます。
  4. 周りにごまを付け、小麦粉をまぶし、こんがりと両面焼きます。

南瓜の簡単パイ

  1. 南瓜お焼きの味付けをした後、餃子の皮の中心に大さじ1杯程度のせ、餃子の皮の縁に水を薄く塗り、餃子の皮をかぶせ2枚をしっかりくっ付けます。
  2. 円の中に正方形を作るようなつもりで、4箇所に再び水を付け指で軽くつまみます。
  3. 揚げ油でこんがりと揚げると、簡単な南瓜パイの出来上がりです。
一人分の材料
南瓜おやき
南瓜1/2個
ひとつまみ
醤油大さじ1
砂糖大さじ1.5
小麦粉適量
適量
ごま適量
南瓜の簡単パイ
南瓜おやき左 全量
餃子の皮一袋
揚げ油適量
  
水分調整
牛乳適量
  
 

お豆腐ドレッシング

お豆腐ドレッシングおなじみの素材をひと工夫して

「お豆腐ドレッシング」

を作りましょう! 今回はお豆腐を使ったドレッシングです。豆腐は良質のたんぱく質を豊富に含み、消化吸収の良い食品です。タンパク質は丈夫で弾力のある血管を作ったり、肝臓の細胞を再生し、蓄積した脂肪を排出する役割があります。色粒性のタンパク質では納豆に並び手軽にとれるおなじみの食品です。ドレッシングといってもサラダだけでなく、温野菜や粉吹き芋や魚・海老フライにかけてもおいしい味をお試しください。
作り方
  1. 豆腐の水分を軽く切り、ボールに入れペースト状になるまで混ぜます。
  2. マヨネーズ以下その他の材料を加え、混ぜ合わせます。
  3. かける材料に合わせ、マヨネーズ又はしょうゆで味をととのえます。
 
材料
豆腐 1/4丁(好みによってお豆腐の量は増やしてください。)
マヨネーズ 30g(好みによってマヨネーズの量は加減できます)
ツナ缶又はカニ缶 小1/2缶
すりごま 大さじ 1
しょうゆ 少々(味をととのえる程度)
刻みパセリ  

夏野菜のゼリー寄せ

夏野菜のゼリー寄せ写真いつも作っている汁物を涼しく夏向きに!

「夏野菜のゼリー寄せ」

夏野菜にはほてった体を冷やしてくれる働きがあります。冬瓜やなすは加熱して食べることが多いと思いますが、キュウリは生で食べることがほとんどではないでしょうか。加熱して食べると冬瓜のような食感で食べられます。生で食べるより消化がよく、暑さで弱った胃には優しくなります。
作り方
  1. きゅうり、とうがん、なすなど30gを水煮し、和風だし、コンソメ、しょうゆなど好みで味付けする。
  2. 水100ccに対し、ゼラチン1.8gをいれて溶かす。
  3. とき卵1/2個分を入れ、軽く混ぜ、容器に入れて冷やし固めます。

豆腐白玉の桜あん

豆腐白玉の桜あん写真まだまだ寒い日が続いていますが、歴の上ではもう春です。まずはお部屋の中でお花見でも。

「豆腐白玉の桜あん」

作り方
  1. ボールに白玉粉と木綿豆腐・上白糖・抹茶を入れよく混ぜ、耳たぶの固さになるように水か豆腐で調整する。
  2. 2cmくらいのボール状にまるめ、沸騰した湯に入れ加熱する。浮いてきたら水にとり冷やす。
  3. 桜の花びらの塩漬けは水につけて軽く塩抜きをする。
  4. 上白糖・片栗粉・水であんを作り最後に塩抜きした桜の花びらを入れ火を止める。
  5. 器に豆腐白玉を入れ、桜あんをかける。好みによりあんこやフルーツなどを盛り合わせる。
豆腐で白玉団子を作ると水で作るよりもやわらかく食べやすく、豆腐の栄養もそのまま取れるので栄養価の高いおやつになります。砂糖の代わりに煮出しを入れて作り、団子汁にするなど簡単にアレンジしてもおいしくいただけます。
材料一人分
 
豆腐団子
木綿豆腐 50g
白玉粉 30g
抹茶 少々
上白糖 5g
桜あん
桜花びら塩漬け 1枚
上白糖 8g
片栗粉 1g
30cc

ポテトおやき

ポテトおやきの写真食べてびっくり お餅にそっくり の

「ポテトおやき」

を作りましょう。 お餅のシーズンになりましたが、お年寄りや小さなお子さんには喉につかえる心配もあり、食べるのに迷われる方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのはお餅のいそべ焼きにそっくり、でも伸びないから喉につかえる心配も少ない、そんな「ポテトおやき」です。

【作り方】

  1. じゃがいもは洗って皮をむき、適当に切ってふかす。
  2. やわらかくなったらボールにあけてつぶす。熱いうちに調味料Aをいれて混ぜる。つぶれたら片栗粉を入れ粘りが出てくるまでこねる。
  3. こねたものを4つに分けて5cmくらいの棒状にのばしてラップで巻く。
  4. 少し硬くなったら1cmの厚さに切り分ける。(冷蔵庫へ入れると固くなる)
  5. フライパンを熱し、バターを塗り、切ったポテトを両面こんがり焼き、調味料Bのタレをつけてサッと焼き、海苔で巻いてできあがり。
材料5人分
じゃが芋 350g(中2個)
片栗粉 50g(1/3カップ)
バター 5g
海苔 5枚
 
調味料A
バター 15g
塩・こしょう 適量
砂糖 小さじ 1
調味料B
砂糖 大さじ 1/2
しょうゆ 小さじ 2
小さじ 2