運動会(ケアホーム三方原)なんだな

運動会の気分いっぱい 万国旗が張り巡らされて、「トランペット吹きの休日」、「道化師」第2曲、そして「天国と地獄」 が鳴っていたら、おいら自然と駆け足になってしまうんだな。

2018年11月29日、ケアホーム三方原では二階と三階でそれぞれ運動会が開かれたんだな。 午後2時位からリビングスペースに集まった利用者さん30名以上と職員さんで運動会が盛り上がったんだな。

大玉ころがし おいらが来たときには向かい合って(車)椅子を並べ大玉ころがしの最中だったんだな。 大きなビーチボールを両手で落とさないように隣に渡してゆくのは結構むずかしそうだったな。
それでも、職員さんと見学に来ていた利用者さんの家族の方なんかからも大きな声援が飛んで、楽しそうだったんだな。

玉入れ 次の競技はは玉入れ。今度は二組の車椅子を円陣に組み直して職員さんが利用者さんみんなに紙を丸めた球を手渡し、 円陣の真ん中に置かれたカゴならぬタライに投げ入れるんだな。
制限時間は3分なんだが、みなさん上手というか、乗り出してタライに放り投げるという感じで、これは玉の数を数えるというより、 全部入れるまでの時間を競う競技になっていたんだな。
やっぱり勝負なんだなぁ、利用者さんたちはスタートの合図とともに真剣な面持ちで、球を投げ入れていたんだな。

パン食い競走 最後はパン食い競争なんだな。
利用者さんも知らされていなかった?! みんなの間から「おお、」とどよめきが聞こえたような気がしたんだな。
各居住ユニットをつなぐ廊下にコースを作り、職員さんがパンやお菓子の入った袋を吊るした棒を左右で支えて、選手は棒の下まで行って 袋を口で引っ張って取るんだな。
うまくくわえられると周りから歓声が上がり、取った方も嬉しそうだったんだな。

あとから聞いたんだが、おやつの中身は利用者さんの食事の形態を考えてそれぞれに食べやすいものが入れてあるんだな。 心づかいがにくいんだな。

クリスマスの季節 帰りにエレベーターの前に大きなクリスマスツリーが飾ってあったんだな。
そういえば、もうそんな季節なんだな。

三味線ボランティア(10月19日)

今年はなんだか、お天気の悪い日ばかりだと思っていたら、このごろ、ほ~んとポカポカといい日が続いて嬉しくなっちゃうわ。
こんな日はお散歩、お散歩。。

津軽三味線 あら、ケアホームしあわせの大林(たいりん)ホールから、チントンシャン・・あれは。三味線ね!
今日は2018年10月19日(金曜日)、ケアホームしあわせに三味線ボランティアの若月幸治郎先生が見えてくださり、14:00~15:00まで演奏を披露してくれたのよ。

デイサービスしあわせの利用者さん、ケアホームしあわせに入所している方、ショートステイの方など合わせて50人余の人が集まっていたのよ。すごい人気!
手拍子で盛り上がり 演目は「斎太郎節(さいたらぶし)」から 始まり、「ソーラン節」「花笠音頭」を皆で歌ったり手拍子したり。端唄と呼ばれる「秋の野に出て」の朗々と響く歌声に聞き入ったり。
お客さんは、あとから聞きつけて来られる方や、疲れて部屋にお戻りになる方もいて、職員さんが目配り気配りでスムーズに対応しているのが印象的だったわ。

会場からのリクエストで「春雨」を演奏したり、三味線の醍醐味、津軽どんどろ、津軽じょんがらなどを聞いてはそのテクニックに圧倒されちゃった。
踊りを披露 その後は着物を着替えて、踊りの演舞。「天龍流し」「夫婦かたぎ」は決まっていたわねー。客席まで降りてきて踊るので利用者さんとの距離もぐっとぐっと縮まったわ。

アンコールでは三山ひろしの「男の流儀」。車椅子の方が多いのでスタンディングオベーションとは行かないけれど、拍手はすごかったわ~。

元気をもらえる企画がたくさんあって、職員さんが盛り上げて、安心して楽しめるというのが、秋のお散歩日和にちょうどいいアクセントになったみたい

ケアホームしあわせのスイカ割り

梅雨が明けたみたいですね。
暑い時はこれよねス イ カ。
2018年7月3日2時から特別養護老人ホームケアホームしあわせでスイカ割りがあったの。
おおきなスイカ!利用しているおじいちゃんやおばあちゃんが部屋から出てきて2階のエレベーターホールに集まったの。
25人ぐらいだったかしらね集まったおじいちゃんやおばあちゃん。
りっぱなスイカをいただいたとかで急きょスイカ割りが行われたのね。
私はたまたま学校の帰りにここの前を通ったら職員さんが誘ってくれたの。

えいやっみんなねえ日頃のストレスを発散させようとスイカを叩いていたわね。
だけどスイカの方ががんじょうでなかなか割れなかったのよ。
職員さんも割る人を募っていたわね。
みんな大騒ぎで割れた時には歓声が上がったわね。

それっ割れたスイカは食べやすく切り分けて全員のおじいちゃんとおばあちゃんに配られたの。
私もお部屋に運ぶの手伝ったのよ。
みんな嬉しそうだったわね。

リハビリ教室(1月19日)

2018年1月19日にケアハウスグリーンライフしあわせに行ってきたの。 どうして行ったかっていうとね、リハビリ教室があるから見にこないって職員さんが誘ってくれたのね。 ほら私ってこういう所のおじいちゃんやおばあちゃんのことが気になって職員さんたちに質問ばっかりしてるじゃない? 朝の9時半から10時半、ケアハウスグリーンライフしあわせの食堂で大学の先生と職員さん二人がおじいちゃんやおばあちゃんといろいろやってたわね。 私も一緒にやってみたんだけどけっこう大変だったわね。 足で1・2・3・4・5・6・7・8・9・10ってみんな書ける? あとねえ足踏みもねえ大きな音をたてるか小さい音をたてるかで使う筋肉が違うんだって言ってたわね。 まゆげを動かせるかどうかもチェック!だって。 へえって思ったのはラジオ体操ってすごくいいって先生が言ってたことだわね。 私はラジオ体操って学校でやるけどつまんないなあって思ってたのね。 でもこれからはちゃんとやろうと思ったのね。 肩を回すのとか手首の運動とかもどこをどうする効果があるとか分かりやすく説明しながらやってくれるからおじいちゃんやおばあちゃんもやる気満々だったわね。でも楽しそうだったわね。 みんなで体操

クリスマス会

2017年12月20日、この週はデイサービスセンター都田でクリスマス会があっておいらも楽しませてもらったんだな。 きれいに飾りつけ 時間は午後の1時半から3時。おいらはあまりの寒さに建物の玄関に飛び込んだんだが、その時初めてクリスマス会があるんだって知ったんだな。 どうりで、玄関から会場までの廊下はクリスマスの飾りで華やいでいたんだな。 利用者さん30人ほどとサンタクロースやトナカイに扮した職員さんが10人ほどいたんだな。 ビンゴゲームやジェスチャーゲーム、最後はやはりこれ、歌体操でしめたんだな。やっぱり健康には気を使っているということなんだな。 なんでも職員さんはみんなに内緒で仕事が終わった後とかにダンスの練習をしてたんだな。 実は、おいらはときどきそれを見ていたんだがこのクリスマス会のためだったんだな。なかなか練習にも念が入っていたんだな。 このダンス、一緒に踊ろうって利用者さんを誘っていたんだが思ったよりみんな恥ずかしがってたんだな。 でも座って踊れるのがあったり手拍子でリズムとったりいつのまにかみんなパーティーの雰囲気の中にいたんだな。 職員さんが利用者さんに声をかけるだけではなくて利用者さんが職員さんを指名してジェスチャーをしてもらって それをなんのジェスチャーかあててもらうジェスチャーゲームとかあって、和気あいあいの雰囲気だったんだな。 やっぱりそれがデイサービスセンター都田ならではの特徴だとおいらは思うんだな。

デイサービス都田の運動会

ぐったりしまくりの暑さが終わったわなんて思う間もなく寒くなりましたよね。
私たちねこもこのぐらいの寒さになるとやる気が出てくるんです。
運動会 でもあの日はまだ暑くてデイサービス都田の建物に避難していたんです。
2017年10月11日2時から3時過ぎまでの間リビングで運動会があって私は皆さんを応援したんです。
向かい合わせに椅子を並べて赤組と白組に分かれていくつかのゲームを利用者の方たちはしていました。
何人いるのかなって数えたら32人でした。
私がこれまで見てきた運動会は誰が早いかを競争したり上の方にあるカゴに球入れたりしてたんですけどデイサービス都田の運動会は違ってました。
座って足踏みしたり紙コップにピンポン球を入れて隣の人に渡していくとか、皆さん盛り上がっていました。
新聞落とし 他にも目の前に新聞紙がぶら下がっているのをうちわであおいで落とすのとか、職員さんによる借り物競争とかもありました。
座って足踏みするのはバトンを持ってほんとうに走ってるみたいで、私も応援しまくりました
がんばれー!がんばれー!って。
赤組も白組もお互いにたたえあって職員さんたちも自信がないって言ってる利用者さんを励ましたり笑いをとったりしてみんな楽しそうでした。
駅ねこ太郎さんと一緒に来れば楽しかったなあ。んじゃ太郎さんとこに報告しに行ってこようっと。

書道教室

書道教室

やあすっかり秋になりましたね。 芸術の秋ということで2017年9月19日に特別養護老人ホーム ケアホーム三方原の書道教室をのぞいてみました。 毎月やっているんですって。 2階のリビングルームに18人の利用者の方が集まって10時に指導してくださる先生が登場しました。 普段は食事などをする4人掛けのテーブルの上には半紙や文鎮筆が置かれて準備万端。さあてと。 書道教室 僕ってほんとに何にも知らないんだなあ。 書道っていうのも小学生の頃やったかなあって感じで、なんか緊張しちゃいました。利用者さんを見ながら僕も書こうとやってみたんですが。なかなか難しい! 文鎮があるのにちゃんと押さえるの忘れちゃったし筆の持ち方もうまくいかなくて。 ほんとにミミズがはいまわってるみたいで何書いたんだかわからなくってみなさんに笑われちゃいました。 みなさんも書き始めたらすごく和やかな雰囲気で、おしゃべりに夢中になってる方もいらっしゃいました。 教室の時間は10時から11時で、よいできあがりのものは午後の敬老会のイベントで披露されるんですって。 見本は先生が書いてくださるんですが、ご自分だけの独創的な字を書いて場を湧かせる方もいらっしゃいました。 お題は長寿、米寿、喜寿、月見などおめでたい言葉でした。 何枚も書かれる方もいて5人の職員さんは半紙を取り替えたり、それをかわかしたり影で活躍されてました。 先生もみなさんの腕に大絶賛してました。 みなさんの字にはお一人お一人のこれまでの人生がにじみ出ている、僕が言うのもなんですけどそんな風に感じました。 僕も読める字書けるように練習しようっと。

高齢者相談センター活動報告~8月

高齢者相談センター三方原(地域包括支援センター三方原)8月の活動

高齢者相談センター三方原(地域包括支援センター三方原)では、8月に以下のような活動を行いました。
  • 地域ケア会議(8/4)
    • 包括支援センター三方原会議室 19:30~21:00
    • 地域課題を解決する取り組みとして、医療関係者10名が集まりました。

  • 介護者教室(8/16)
    • 三方原協働センター 10:00~11:30
    • 浜北さくら台病院 大村久美子先生 「認知症になってもこわくない」

  • 介護支援専門員研修(8/29)
    • 三方原協働センター 13:30~16:00
    • 聖隷クリストファー大学 社会福祉学部 社会福祉学科 村上武敏助教 「”生活アセスメント”と制度的限界をどう考えるか」
    • 地域包括支援センター三方原 センター長 澤本友子 「スーパービジョンの実際 具体的な事例を用いてグループスーパービジョンを体験する」

納涼祭~デイサービスセンターしあわせ

デイサービスセンターしあわせの納涼祭

まだまだ暑いですけど秋はやっぱりこれをしないと来ないわねえ。 2017年8月23日にデイサービスセンターしあわせの納涼祭が多目的ホール大林の間であったのよ。
楽しいこといっぱいあるから来てねって近くの図書館からの帰りみち、デイサービスセンターしあわせの近くを通ったら職員さんにたまたま会って誘われたのね。 時間は午後2時から3時20分までだったから私も行けたの。
ケアホームしあわせに行ったらおじいちゃんやおばあちゃんが40人ぐらいいたの。
みんな法被着ててお祭りって感じいっぱいだったの。私も着ていけばよかったわ。
天井にはちょうちんがあって広場の真ん中にはやぐらがあってその周りにおじいちゃんやおばあちゃんが椅子や車椅子に座ってお祭りを楽しんでいたの。
吹き矢で風船を割るとかお菓子が当たるひもくじ、盆踊り。スイカ割りのコーナーがあって、職員さんがおじいちゃんやおばあちゃんにつきそって一緒に行っていたの。
それとか、ぼん踊りの輪の中にも招き入れたりして一緒に楽しんでいたわ。おばあちゃんどうしでも踊りながら輪の中に入っていったりほんとうに楽しそうだったわね。
そうそうお化け屋敷もあって大盛り上がりだったのよ。
あんなにいろんなコーナー作るの職員さん大変だっただろうなあと思ったけどおじいちゃんやおばあちゃんはすごく楽しそうだったわね。
とくにひもくじの抽選はみんな大興奮だったわ。