三味線ボランティア(10月19日)

今年はなんだか、お天気の悪い日ばかりだと思っていたら、このごろ、ほ~んとポカポカといい日が続いて嬉しくなっちゃうわ。
こんな日はお散歩、お散歩。。

津軽三味線 あら、ケアホームしあわせの大林(たいりん)ホールから、チントンシャン・・あれは。三味線ね!
今日は2018年10月19日(金曜日)、ケアホームしあわせに三味線ボランティアの若月幸治郎先生が見えてくださり、14:00~15:00まで演奏を披露してくれたのよ。

デイサービスしあわせの利用者さん、ケアホームしあわせに入所している方、ショートステイの方など合わせて50人余の人が集まっていたのよ。すごい人気!
手拍子で盛り上がり 演目は「斎太郎節(さいたらぶし)」から 始まり、「ソーラン節」「花笠音頭」を皆で歌ったり手拍子したり。端唄と呼ばれる「秋の野に出て」の朗々と響く歌声に聞き入ったり。
お客さんは、あとから聞きつけて来られる方や、疲れて部屋にお戻りになる方もいて、職員さんが目配り気配りでスムーズに対応しているのが印象的だったわ。

会場からのリクエストで「春雨」を演奏したり、三味線の醍醐味、津軽どんどろ、津軽じょんがらなどを聞いてはそのテクニックに圧倒されちゃった。
踊りを披露 その後は着物を着替えて、踊りの演舞。「天龍流し」「夫婦かたぎ」は決まっていたわねー。客席まで降りてきて踊るので利用者さんとの距離もぐっとぐっと縮まったわ。

アンコールでは三山ひろしの「男の流儀」。車椅子の方が多いのでスタンディングオベーションとは行かないけれど、拍手はすごかったわ~。

元気をもらえる企画がたくさんあって、職員さんが盛り上げて、安心して楽しめるというのが、秋のお散歩日和にちょうどいいアクセントになったみたい

ケアホームしあわせのスイカ割り

梅雨が明けたみたいですね。
暑い時はこれよねス イ カ。
2018年7月3日2時から特別養護老人ホームケアホームしあわせでスイカ割りがあったの。
おおきなスイカ!利用しているおじいちゃんやおばあちゃんが部屋から出てきて2階のエレベーターホールに集まったの。
25人ぐらいだったかしらね集まったおじいちゃんやおばあちゃん。
りっぱなスイカをいただいたとかで急きょスイカ割りが行われたのね。
私はたまたま学校の帰りにここの前を通ったら職員さんが誘ってくれたの。

えいやっみんなねえ日頃のストレスを発散させようとスイカを叩いていたわね。
だけどスイカの方ががんじょうでなかなか割れなかったのよ。
職員さんも割る人を募っていたわね。
みんな大騒ぎで割れた時には歓声が上がったわね。

それっ割れたスイカは食べやすく切り分けて全員のおじいちゃんとおばあちゃんに配られたの。
私もお部屋に運ぶの手伝ったのよ。
みんな嬉しそうだったわね。

不思議がいっぱいマジックショー

どうぞよろしく

2018年6月7日ケアホームしあわせの大林ホールでマジックショーがあって見てきたからその報告をするわね。

時間は午後2時から1時間で浜北のマジッククラブトリックの4人の方がボランティアできていたのね。 そして見にきていた人たちは特別養護老人ホームの入所者とデイサービスしあわせの利用者と職員さん60人ぐらいだったわね。


職員さんともりあがりました

見にきたおじいちゃんやおばあちゃんはとても盛り上がっていて、みんな拍手を忘れなかったりびっくりした時はおおって声をあげてたわね。 やってる人と見ている人が一体になってるって感じたの。その一つがね、マジックを見ながら頭の体操をしたことなのよ。そのマジックっていうのがね、ハンカチの色を素早く変えるというので、色が変わった時変わる前の色は何色だった?って訊かれて私もすぐに答えられなかったのね。


みごとトランプを探し当てました。

あとねえ布に鶏が描かれていてそのニワトリが会場のおじいちゃんやおばあちゃんが掛け声をかけたら卵を産んだの。すごくない? そうそう、違う長さのロープが同じ長さになるマジックもあったわね。 職員さんたちはおじいちゃんやおばあちゃんの体調が大丈夫か見守っていたわね。


リングがするするつながります

最後にはマジッククラブの人たちとおじいちゃんやおばあちゃんが写真を撮っていたわね。最後まで和やかな雰囲気があったわね。

納涼祭~デイサービスセンターしあわせ

デイサービスセンターしあわせの納涼祭

まだまだ暑いですけど秋はやっぱりこれをしないと来ないわねえ。 2017年8月23日にデイサービスセンターしあわせの納涼祭が多目的ホール大林の間であったのよ。
楽しいこといっぱいあるから来てねって近くの図書館からの帰りみち、デイサービスセンターしあわせの近くを通ったら職員さんにたまたま会って誘われたのね。 時間は午後2時から3時20分までだったから私も行けたの。
ケアホームしあわせに行ったらおじいちゃんやおばあちゃんが40人ぐらいいたの。
みんな法被着ててお祭りって感じいっぱいだったの。私も着ていけばよかったわ。
天井にはちょうちんがあって広場の真ん中にはやぐらがあってその周りにおじいちゃんやおばあちゃんが椅子や車椅子に座ってお祭りを楽しんでいたの。
吹き矢で風船を割るとかお菓子が当たるひもくじ、盆踊り。スイカ割りのコーナーがあって、職員さんがおじいちゃんやおばあちゃんにつきそって一緒に行っていたの。
それとか、ぼん踊りの輪の中にも招き入れたりして一緒に楽しんでいたわ。おばあちゃんどうしでも踊りながら輪の中に入っていったりほんとうに楽しそうだったわね。
そうそうお化け屋敷もあって大盛り上がりだったのよ。
あんなにいろんなコーナー作るの職員さん大変だっただろうなあと思ったけどおじいちゃんやおばあちゃんはすごく楽しそうだったわね。
とくにひもくじの抽選はみんな大興奮だったわ。

福祉体験

公友会の老人ホームは散歩コースなんだな。てこてこ。 今日は特別養護老人ホームケアホームしあわせを散歩していたら中学生がいたんだな。 なにごとかと覗いてみたら、 ははあん前の駐車場でチラチラ聞こえていた事はこれだったんだな。 中学生の総合学習のひとつだという事で2017年6月15日と16日に地域の中学校の生徒が12人ほど特別養護老人ホームケアホームしあわせにきていたんだな。 中学生が歌を披露したり、利用者さんがご自分の戦争体験を話したりしたんだな。 利用者さんのお話はなまの体験だから、怖かった思いや悲しかった出来事などご本人でなければ語れないことがたくさん有ったと思うんだな。 中学生の表情は真剣だったんだな。 そうやって二日間を通して中学生は高齢者の方と触れ合い、高齢者施設の実態を学んだんだな。 学校では福祉を学ぶ授業というのがあって、じっさいに高齢者や障害者の人たちとふれあうために施設に出かけて勉強するというんだな。 感心感心。 ケアホームしあわせの担当の庵原さんや職員の方が、ご病気のある方とでも中学生がコミュニケーションがとれるようにフォローしているというんだな。 テレビとかネットで情報があふれているけれども実際に起きていることは現場にきて見てみないとわからないものなんです、と庵原さんは熱く語っていたんだな。 公友会の職員さんはみんな、あついんだな。おいら、あついのはにがてだから、水飲みにいこ。てこてこ。

ケアホームしあわせクリスマス会

ケアホームしあわせでは、12月21日(月)がクリスマス会でした。 大勢の利用者さんと職員さんが サンタトナカイに扮して 大林ホールに集いました。
ステージの上にサンタクロースが出てきたところで、みんなでジングルベルやきよしこの夜を合唱しました。大きな声で歌うことができました。
サンタが利用者さんにプレゼントを配って歩く場面も。鈴の音の中で利用者さんは楽しげにプレゼントを受け取っていました。 お部屋に戻ると ケーキバイキングが待っているとのこと。職員さんに誘導されてそれぞれ部屋に戻りました。 ステージの上で、サンタとの記念撮影を楽しむ人もおられました。

納涼祭~ケアホームしあわせ

2015年8月27日の10時から12時までケアホームしあわせの大林ホールで納涼祭がありました。 僕はいつもケアホームしあわせの利用者さんのお手伝いをさせてもらってるんですが、納涼祭では露店の係りを任せてもらいました。 僕はチョコバナナを作る役で大変でしたが、利用者さんの楽しそうな笑顔を見てがんばりました。 盆踊りで炭坑節を車椅子の利用者さんも楽しそうに踊っていました。 一番盛り上がったのは最後の抽選会でした。 抽選の番号が読み上げられると職員さんが利用者さんの番号を確かめて拍手と歓声でその利用者さんにお伝えしていました。 利用者さんも鳴子を鳴らしたりして盛り上がっていました 僕は普通の日の利用者さんと接していますから納涼祭での皆さんは特に楽しそうだったなぁと思いました。 普段の生活も楽しいし季節感のあるイベントが多い所がケアホームしあわせだと僕は思います。 来年4月に特別養護老人ホーム三方原の里(仮称)がオープンするそうで、そこで働く職員さんを募集していると職員さんは言っていました。 社会と孤立しがちな施設の利用者さんに生きる張り合いを持っていただけるようなアイディアを持った人にきて欲しいとも言っておられました。

ケアホームしあわせの体育祭

元気くん

うさぎさんチームと亀さんチーム僕はしあわせげんきです。 11月6日の午後、ケアホームしあわせのホールで第1回体育祭が行われました。 ケアホームしあわせの利用者さん100人と職員さんがカメチームとウサギチームに分かれて、玉入れやボール送り、車椅子を押してもらいながらパン食い競争などをしました。 職員さんたちは拍手や鳴子ならして競技に参加している利用者さんたちを応援してたんですが、その応援を見ていて、ここの職員さんってすごく利用者さんたちに対して「自分たちの仲間」って思ってるなぁって感じました..

職員さんだって日頃のお仕事もやって、さらにこういうイベントを企画して準備してってそれだけでも僕なんか尊敬しちゃいますよ。

FullSizeRender (1)それで当日は当日でこれまた手が混んでて。体育祭らしく入場門を作ったり、万国旗飾ったり。職員さんたちも、借り物競争と飴探しでがんばってました。「借り物」として施設長が登場したのにはびっくりしましたが。 飴探しで職員さんたちが白いこなで顔を真っ白にしてゴールした時には利用者さんも利用者さんのご家族の方も大笑いしてました。

僕ときどき、ケアホームしあわせに行って利用者さんたちと過ごすんですけど、あらためて、ほんとうに楽しいんだなぁって思いました。

FullSizeRender (4)もちろんケアホームしあわせの日課を送っている時も楽しそうですけど、行事ってなると僕たちだって、普段と違うウキウキした気分になるじゃないですかぁ。

FullSizeRender (2)福祉体験授業できていた中学生も利用者さんたちに混じってゲームに参加したり、裏方の準備なんかのお手伝いをして活躍してました。

公友会の紹介をしていきます、しあわせげんきです
公友会の紹介をしていきます、
しあわせげんきです

ケアホームしあわせスタッフブログのご紹介

2014年10月より、浜松市北区都田町にあります介護老人福祉施設 「ケアホームしあわせ」のスタッフブログができました。 職員が企画運営する季節の行事、各ユニットでのレクリエーション等々 ご紹介したいと思います。 よろしくお願いします。
ケアホームしあわせスタッフブログ
ケアホームしあわせスタッフブログ

デイサービスセンター都田の音楽会

ギターボランティアの音楽会

ああ楽しかったぁ。おじいちゃんもおばあちゃんも楽しそうだったねぇ。
だな。先日(平成26年9月22日月曜日午後2時から3時)、デイサービスセンター都田の食堂で、ギターボランティアの人がきて音楽会をやってくれたんだな。5人も来てくれたんだな。デイサービスセンター都田の里の利用者さんも集まってほんとににぎやかだったんだな。
そうそう。利用者さん合わせて30人くらいと職員さんがいっしょだったわね。
♪湯の町エレジー、♪影を慕いて、懐かしい曲をギターで演奏してくれてそれに全員で手拍子したり、合わせて歌ったりして楽しんでたんだな。
あら、昔の歌を太郎さんよく知ってるのねぇ。
えっへん。この辺をいつも散歩していれば、博学になれるんだな。えっへん。
あぁ、ひっくりかえるわよ。それでみんなよけいに楽しかったのね、昔聞いた歌だったから。
最後は故郷(ふるさと)を皆で歌って、ボランティアの人たちにおおきな拍手で送っていたんだな。
そのあと、からだを動かしながら歌を歌っていたわよね。
歌体操と言うんだな。脳の活性化にもいいらしいんだな。利用者さんが歌ったり動いたり、考えたり思い出したり、 そして何より楽しんで過ごしてもらえるというのが一番なんだな。おっほん。
あら毛玉。