三味線ボランティア(10月19日)

今年はなんだか、お天気の悪い日ばかりだと思っていたら、このごろ、ほ~んとポカポカといい日が続いて嬉しくなっちゃうわ。
こんな日はお散歩、お散歩。。

津軽三味線 あら、ケアホームしあわせの大林(たいりん)ホールから、チントンシャン・・あれは。三味線ね!
今日は2018年10月19日(金曜日)、ケアホームしあわせに三味線ボランティアの若月幸治郎先生が見えてくださり、14:00~15:00まで演奏を披露してくれたのよ。

デイサービスしあわせの利用者さん、ケアホームしあわせに入所している方、ショートステイの方など合わせて50人余の人が集まっていたのよ。すごい人気!
手拍子で盛り上がり 演目は「斎太郎節(さいたらぶし)」から 始まり、「ソーラン節」「花笠音頭」を皆で歌ったり手拍子したり。端唄と呼ばれる「秋の野に出て」の朗々と響く歌声に聞き入ったり。
お客さんは、あとから聞きつけて来られる方や、疲れて部屋にお戻りになる方もいて、職員さんが目配り気配りでスムーズに対応しているのが印象的だったわ。

会場からのリクエストで「春雨」を演奏したり、三味線の醍醐味、津軽どんどろ、津軽じょんがらなどを聞いてはそのテクニックに圧倒されちゃった。
踊りを披露 その後は着物を着替えて、踊りの演舞。「天龍流し」「夫婦かたぎ」は決まっていたわねー。客席まで降りてきて踊るので利用者さんとの距離もぐっとぐっと縮まったわ。

アンコールでは三山ひろしの「男の流儀」。車椅子の方が多いのでスタンディングオベーションとは行かないけれど、拍手はすごかったわ~。

元気をもらえる企画がたくさんあって、職員さんが盛り上げて、安心して楽しめるというのが、秋のお散歩日和にちょうどいいアクセントになったみたい

福祉体験

公友会の老人ホームは散歩コースなんだな。てこてこ。 今日は特別養護老人ホームケアホームしあわせを散歩していたら中学生がいたんだな。 なにごとかと覗いてみたら、 ははあん前の駐車場でチラチラ聞こえていた事はこれだったんだな。 中学生の総合学習のひとつだという事で2017年6月15日と16日に地域の中学校の生徒が12人ほど特別養護老人ホームケアホームしあわせにきていたんだな。 中学生が歌を披露したり、利用者さんがご自分の戦争体験を話したりしたんだな。 利用者さんのお話はなまの体験だから、怖かった思いや悲しかった出来事などご本人でなければ語れないことがたくさん有ったと思うんだな。 中学生の表情は真剣だったんだな。 そうやって二日間を通して中学生は高齢者の方と触れ合い、高齢者施設の実態を学んだんだな。 学校では福祉を学ぶ授業というのがあって、じっさいに高齢者や障害者の人たちとふれあうために施設に出かけて勉強するというんだな。 感心感心。 ケアホームしあわせの担当の庵原さんや職員の方が、ご病気のある方とでも中学生がコミュニケーションがとれるようにフォローしているというんだな。 テレビとかネットで情報があふれているけれども実際に起きていることは現場にきて見てみないとわからないものなんです、と庵原さんは熱く語っていたんだな。 公友会の職員さんはみんな、あついんだな。おいら、あついのはにがてだから、水飲みにいこ。てこてこ。

ケアホームしあわせクリスマス会

ケアホームしあわせでは、12月21日(月)がクリスマス会でした。 大勢の利用者さんと職員さんが サンタトナカイに扮して 大林ホールに集いました。
ステージの上にサンタクロースが出てきたところで、みんなでジングルベルやきよしこの夜を合唱しました。大きな声で歌うことができました。
サンタが利用者さんにプレゼントを配って歩く場面も。鈴の音の中で利用者さんは楽しげにプレゼントを受け取っていました。 お部屋に戻ると ケーキバイキングが待っているとのこと。職員さんに誘導されてそれぞれ部屋に戻りました。 ステージの上で、サンタとの記念撮影を楽しむ人もおられました。

納涼祭~ケアホームしあわせ

2015年8月27日の10時から12時までケアホームしあわせの大林ホールで納涼祭がありました。 僕はいつもケアホームしあわせの利用者さんのお手伝いをさせてもらってるんですが、納涼祭では露店の係りを任せてもらいました。 僕はチョコバナナを作る役で大変でしたが、利用者さんの楽しそうな笑顔を見てがんばりました。 盆踊りで炭坑節を車椅子の利用者さんも楽しそうに踊っていました。 一番盛り上がったのは最後の抽選会でした。 抽選の番号が読み上げられると職員さんが利用者さんの番号を確かめて拍手と歓声でその利用者さんにお伝えしていました。 利用者さんも鳴子を鳴らしたりして盛り上がっていました 僕は普通の日の利用者さんと接していますから納涼祭での皆さんは特に楽しそうだったなぁと思いました。 普段の生活も楽しいし季節感のあるイベントが多い所がケアホームしあわせだと僕は思います。 来年4月に特別養護老人ホーム三方原の里(仮称)がオープンするそうで、そこで働く職員さんを募集していると職員さんは言っていました。 社会と孤立しがちな施設の利用者さんに生きる張り合いを持っていただけるようなアイディアを持った人にきて欲しいとも言っておられました。

ハーモニカボランティアの演奏

ハーモニカボランティアの演奏 クリスマスが近づいた12月20日、ケアホームしあわせの大林の間(大ホール)でハーモニカボランティアの演奏が行われ、ホームとデイサービス利用者38人ほどが演奏を楽しみました。 演奏してくれたのは浜北の「カイラス」というグループ。 アンコールを含め、11曲を4台のハーモニカで見事に演奏してくれました。 歌詞カードを配って参加しやすいように配慮し、手拍子や一緒に歌いましょうとうながしてくれました。 演奏を聞いた参加者は施設の利用者さんとデイサービスで来ていた方々。 ジングルベルで手拍子を取ったり、懐かしい星影のワルツや、ふるさとでは大きな声で一緒に歌ったりして楽しそうにしていました。 演奏は45分ほど。その間も疲れた利用者の方への対応をしながら職員も楽しい演奏会を盛り上げていきました。

炊き出し訓練 ~地域と一体に~

元気くんこんにちは。僕はしあわせげんきです。12月7日金曜日にケアホームしあわせ敷地内で行われた炊き出し訓練について、担当の村上さんにうかがったお話を元に、皆さんに報告します。 この訓練は、災害でライフラインが止まった時のことを想定しているのだそうです。東日本大震災では、ライフラインが止まりましたし、支援物資が届かなくて大変でした。だからこういう訓練は必要だと思い、僕も参加させてもらいました。 昨年はお湯を沸かしてココアを作ったそうです。村上さんのお話では、ケアホームしあわせにも備蓄食料は有りますが、温かい物を食べて欲しいということで、炊き出しをしたのだそうです。 レンガでくみ上げたかまどレンガの土台でかまどを職員さんと一緒に作ったんですけど、キャンプの時にやった記憶は有ったけど、いやぁ難しかった。 かまどができて後はそうめん茹でるだけってほっとしてたんですけど、風の向きを感じながらお湯を沸かさないといけないとか、お湯が沸く時間が分からなくて不安でした。コンロに鍋乗せたらお湯が沸いてそうめんが茹であがるって、当たり前に考えてたんです。だから便利な生活じゃぁ分からない事たくさん有るんだなぁって思いました。 そうめんをゆでる でも楽しかったし、利用者さんがおいしそうに食べてくれたので嬉しかったです。 災害時の避難先になることもあるので、地域を巻き込んだ活動にして、9月終わりくらいの時期に定着させて行きたいと村上さんはおっしゃっていました。 僕、今回地域の中に有るこのケアホームしあわせで行われた訓練に参加できたこと、ほんとに良かったなと思います。だって僕もこの地区の住民だから。 そうめんを食べるお年寄りたち最近自助とか共助って言葉良く聞くようになりましたよね。そして12月には地域防災訓練が積極的に行われるようになりましたね。ケアホームしあわせも100人のお年寄りが住む都田の中の地域の1つ。万が一災害が発生した時は、地元の方々と連携して非常事態を乗り切っていかなければならないと思いました。。

クリスマスパーティ

hana22w120-tはな子:げんきくん似合ってる!! kao げんき:今日12月16日はケアホームしあわせのクリスマス会です。職員さんのお誘いではな子にくっついてきました。雰囲気出ないからかぶったらってはな子が言うから借りた帽子なんですけど、どうですかねぇ。 今日は16日なのでクリスマスには早いんですけど、会場はクリスマスムード全開です。 hana22w120-t はな子:うんうん。職員さんたちもサンタやトナカイに扮してるねぇ。あ!!鈴が出てきたわね。何するのかしらねぇ。 kao げんき:ジングルベルとかあわてんぼうのサンタクロースを歌うから、歌に合わせて鳴らすのさ。 hana22w120-t はな子:良く知ってるのねぇげんき君。 kao げんき:利用者さんたちが練習するから手伝ってって頼まれたんだ。声を出したり鈴を鳴らしたりするのも、リハビリなんだって分かったんだ。ほら、はな子もずれてる。 hana22w120-t はな子:歌いながら鳴らすの難しいわね。ふぅ。職員さんってすごいわね。歌いながら利用者さんを見守ったり、歌っていない人に「声出して」って呼びかけたり。 kao げんき:お部屋にいらっしゃる利用者さんの所へもプレゼントを持って行くって、さっき職員さんが言ってたんだ。 hana22w120-t はな子:待ってましたぁ、プレゼント。あ、あれかわいい!!開くと飛び出すクリスマスカードだわね。手作りみたい。 kao げんき:人のぬくもりを利用者さんに伝えたいと言う思いで、職員さんたちが作ったみたいなんだ。 hana22w120-t はな子:世界に一つだけのクリスマスカードだわね。あ、あれは暖かそうな靴下だわね。 kao げんき:この会の準備をしながら、職員さんたちの話しを聞いてたんだけど、家族と離れてここに住んでいる利用者さんへの温かい気持ちを感じたんだ。 hana22w120-t はな子:ケアホームしあわせで働いている職員さんみんな優しい人たちだもんね。いつも、ケアホームしあわせのおじいちゃんやおばあちゃんのこと考えてるなぁって、私もおじゃまさせてもらって思うわね。

居住ユニットの納涼祭

taro-t バッチ駅ねこ太郎:今年の納涼祭は終わったと言うのにきみはまだ祭り気分なんだな。 nekoko-t バッチねこ子:だってみんな楽しそうだったんだもの。それを思い出すと今でも踊っちゃうのよね。ほら。 hana22w120-tはな子:8月29日にケアホームしあわせ1階の大林ホールで行われた納涼祭のことね。ケアホームしあわせには6つのユニットがあって、午前3ユニット午後3ユニットというように分けて行われたわねぇ。 nekoko-t バッチねこ子:私たちが行ったのは午後の部ね。 taro-t バッチ駅ねこ太郎:26名ほどの利用者と15名ほどの職員さんがいたんだな。職員さんは浴衣を着ていたんだな。 丸提灯 hana22w120-tはな子:天上には丸ちょうちんがあって雰囲気満点だったわねぇ。最初に365歩のマーチを歌ったわねぇ。 nekoko-t バッチねこ子:その後、職員さんたちがステージの上で踊ったのよねぇ。(動画へのリンクhana22w120-tはな子:盆踊り、東京音頭と、炭坑節だったわねぇ。 taro-t バッチ駅ねこ太郎:車椅子の利用者さんがほとんどで、踊っていた利用者さんはひとりだけだったんだが、楽しそうだったんだな。職員さんが盛んに話しかけたり、デジカメでみんなを撮影していたんだな。 hana22w120-tはな子:そうねぇ、絶え間ない笑顔って感じだったわねぇ。看護師さんに付き添われて安心して楽しんでいる利用者さんもいたわね。 nekoko-t バッチ ねこ子:おいしそうなデザートも!じゃーん!!おいしい物も出てきました!!みんながあんまり楽しそうでおいしそうだったので・・・ taro-t バッチ駅ねこ太郎:きみはよだれが出そうだったんだな。でも、ホールは快適な温度で、大きな窓からは外の町並みがよくみえて、地域の中でお祭りをしている気分がしたんだな。

屋台が来たよ

9月17日、地元の沢上神社のお祭りで屋台が立ち寄ってくれました。 職員総出で歓迎の準備です。 歓迎の準備 夕方6時過ぎ、賑やかなお囃子を響かせながら先導車と屋台が到着です。 屋台が到着 あいさつの後さっそく出店などでおもてなし。 大林ホールではヨーヨーすくいやくじ引きなどで子どもたちも楽しみました。 大林ホールでのお楽しみ! 浜松の名物、激練りもありました。(動画へ

ケアホームしあわせ 居住ユニットIさんインタビュー

しあわせ花子です。はな子:私はしあわせはな子です。今日は、ケアホームしあわせの居住ユニットを利用している方にお話を伺いたくて、おじゃまさせていただきました。こちらは、居住ユニット担当者岩田さんと、ユニットにお住まいのIさんです。よろしくお願いします。 はな子:ここに入居する時心配だった事とか有りませんでしたか? Iさん:ぜんぜん無かったね。ひとり暮らしをしていたんだけど、息子がねぇ心配して、ここを見つけてくれたんだよ。 はな子:どうやって見つけてくれたんですか? 岩田:インターネットでお住まいのご近所に無いかと探してくれたようです。岩田さん はな子:優しい息子さんですね。やっぱりお家の近くが良いですものね。 Iさん:そうだねぇ。親戚とか息子も来てくれるからねぇ。それに、職員さんの時間がある時に買い物に連れて行ってもらったりもするねぇ。私はここに住んでほんとに幸せだと思ってるんだよ。 はな子:そうですか。ではここの生活は楽しいってことですね? Iさん:おしゃべりする人たくさんいるから、ここにくれば話ができるし、テレビも見られるから寂しいことは無いよ。 岩田:個人のお部屋とこのリビングスペースがあるので、ここで皆さんお話したりご飯食べたりしてますね。 はな子:ここのご飯はおいしいですか? Iさん:ひとりで暮らしていた時より良い物が出るねぇ。好き嫌いは無いので何でもおいしくいただいてるね。 はな子:ケアホームしあわせでは、季節に合った催し物が行われているんですけど、一番楽しかった催し物って何ですか? Iさん:いろいろ有るからねぇ……。 岩田:そう言えば、この前、カキ氷の交流会有りましたよね? Iさん:そうそう。あれおいしかったねぇ。はな子さんもカキ氷好き? はな子:大好きです!!今度呼んで下さいね、なんちゃって。ところで、ベランダでお野菜を作っている方がいらっしゃるようですが、Iさんも作っていらっしゃるんですか? Iさん:水をまくぐらいだけどね。 はな子:昼間は他に何をしてますか? Iさん:編み物をしたり、けっこう忙しいのよ、ほほほ。 岩田:居住ユニットでは洗濯物をたたむなど、利用者の方ができることはなるべくしていただいているんですよ。 施設の名前と同じで「しあわせ」だね。