地域支援演習事業三方原 10月31日

「ほぼ在宅、ときどき入院」の医療体制構築に向け在宅でできるリハビリを見直そう

主催 高齢者相談センター三方原

三方原協働センター2階ホールにて、 浜松医科大学医療福祉センター 髙田なおみ師長 をお招きして講義と、医療、介護関係者がグループになって 日頃の取り組みを話したりアドバイスしたりするグループワークを行いました。 日時:平成29年10月31日    13:30~16:00 場所:三方原協働センター    2Fホール

デイサービス都田の運動会

ぐったりしまくりの暑さが終わったわなんて思う間もなく寒くなりましたよね。
私たちねこもこのぐらいの寒さになるとやる気が出てくるんです。
運動会 でもあの日はまだ暑くてデイサービス都田の建物に避難していたんです。
2017年10月11日2時から3時過ぎまでの間リビングで運動会があって私は皆さんを応援したんです。
向かい合わせに椅子を並べて赤組と白組に分かれていくつかのゲームを利用者の方たちはしていました。
何人いるのかなって数えたら32人でした。
私がこれまで見てきた運動会は誰が早いかを競争したり上の方にあるカゴに球入れたりしてたんですけどデイサービス都田の運動会は違ってました。
座って足踏みしたり紙コップにピンポン球を入れて隣の人に渡していくとか、皆さん盛り上がっていました。
新聞落とし 他にも目の前に新聞紙がぶら下がっているのをうちわであおいで落とすのとか、職員さんによる借り物競争とかもありました。
座って足踏みするのはバトンを持ってほんとうに走ってるみたいで、私も応援しまくりました
がんばれー!がんばれー!って。
赤組も白組もお互いにたたえあって職員さんたちも自信がないって言ってる利用者さんを励ましたり笑いをとったりしてみんな楽しそうでした。
駅ねこ太郎さんと一緒に来れば楽しかったなあ。んじゃ太郎さんとこに報告しに行ってこようっと。

書道教室

書道教室

やあすっかり秋になりましたね。 芸術の秋ということで2017年9月19日に特別養護老人ホーム ケアホーム三方原の書道教室をのぞいてみました。 毎月やっているんですって。 2階のリビングルームに18人の利用者の方が集まって10時に指導してくださる先生が登場しました。 普段は食事などをする4人掛けのテーブルの上には半紙や文鎮筆が置かれて準備万端。さあてと。 書道教室 僕ってほんとに何にも知らないんだなあ。 書道っていうのも小学生の頃やったかなあって感じで、なんか緊張しちゃいました。利用者さんを見ながら僕も書こうとやってみたんですが。なかなか難しい! 文鎮があるのにちゃんと押さえるの忘れちゃったし筆の持ち方もうまくいかなくて。 ほんとにミミズがはいまわってるみたいで何書いたんだかわからなくってみなさんに笑われちゃいました。 みなさんも書き始めたらすごく和やかな雰囲気で、おしゃべりに夢中になってる方もいらっしゃいました。 教室の時間は10時から11時で、よいできあがりのものは午後の敬老会のイベントで披露されるんですって。 見本は先生が書いてくださるんですが、ご自分だけの独創的な字を書いて場を湧かせる方もいらっしゃいました。 お題は長寿、米寿、喜寿、月見などおめでたい言葉でした。 何枚も書かれる方もいて5人の職員さんは半紙を取り替えたり、それをかわかしたり影で活躍されてました。 先生もみなさんの腕に大絶賛してました。 みなさんの字にはお一人お一人のこれまでの人生がにじみ出ている、僕が言うのもなんですけどそんな風に感じました。 僕も読める字書けるように練習しようっと。

高齢者相談センター活動報告~8月

高齢者相談センター三方原(地域包括支援センター三方原)8月の活動

高齢者相談センター三方原(地域包括支援センター三方原)では、8月に以下のような活動を行いました。
  • 地域ケア会議(8/4)
    • 包括支援センター三方原会議室 19:30~21:00
    • 地域課題を解決する取り組みとして、医療関係者10名が集まりました。

  • 介護者教室(8/16)
    • 三方原協働センター 10:00~11:30
    • 浜北さくら台病院 大村久美子先生 「認知症になってもこわくない」

  • 介護支援専門員研修(8/29)
    • 三方原協働センター 13:30~16:00
    • 聖隷クリストファー大学 社会福祉学部 社会福祉学科 村上武敏助教 「”生活アセスメント”と制度的限界をどう考えるか」
    • 地域包括支援センター三方原 センター長 澤本友子 「スーパービジョンの実際 具体的な事例を用いてグループスーパービジョンを体験する」

納涼祭~デイサービスセンターしあわせ

デイサービスセンターしあわせの納涼祭

まだまだ暑いですけど秋はやっぱりこれをしないと来ないわねえ。 2017年8月23日にデイサービスセンターしあわせの納涼祭が多目的ホール大林の間であったのよ。
楽しいこといっぱいあるから来てねって近くの図書館からの帰りみち、デイサービスセンターしあわせの近くを通ったら職員さんにたまたま会って誘われたのね。 時間は午後2時から3時20分までだったから私も行けたの。
ケアホームしあわせに行ったらおじいちゃんやおばあちゃんが40人ぐらいいたの。
みんな法被着ててお祭りって感じいっぱいだったの。私も着ていけばよかったわ。
天井にはちょうちんがあって広場の真ん中にはやぐらがあってその周りにおじいちゃんやおばあちゃんが椅子や車椅子に座ってお祭りを楽しんでいたの。
吹き矢で風船を割るとかお菓子が当たるひもくじ、盆踊り。スイカ割りのコーナーがあって、職員さんがおじいちゃんやおばあちゃんにつきそって一緒に行っていたの。
それとか、ぼん踊りの輪の中にも招き入れたりして一緒に楽しんでいたわ。おばあちゃんどうしでも踊りながら輪の中に入っていったりほんとうに楽しそうだったわね。
そうそうお化け屋敷もあって大盛り上がりだったのよ。
あんなにいろんなコーナー作るの職員さん大変だっただろうなあと思ったけどおじいちゃんやおばあちゃんはすごく楽しそうだったわね。
とくにひもくじの抽選はみんな大興奮だったわ。

運動器の機能向上トレーニング教室

転倒骨折の防止や加齢に伴う身体の機能低下を予防するため、 ストレッチ体操や筋力トレーニング、バランストレーニングなどの運動を理学療法士の指導のもとで教室を行います。 ☆1コース12回(週1回)2時間程度 ☆自宅から会場までタクシー(乗り合わせ)で送迎があります。
    • 会場:常葉リハビリテーション病院
    • 所在地:浜松市西区大山町3805
    • 日時と内容詳細はこちら
    • 利用料(1回当たり)500円(一定以上の所得のある方は1,000円)
    • 持ち物 水分が補給できるもの、運動靴、タオル *運動ができる服装でお越しください。
  • 対象者:
    • 介護予防・生活支援サービス事業対象者
    • ・要支援1,2認定者のうち参加が望ましいと判断された人
  • 問い合わせ先: 高齢者相談センター三方原 ☎053-429-6333 北区役所長寿保険課 高齢者福祉グループ ☎053-523-1144
日時内容
時間 13:30~15:30 平成29年9月6日~11月22日 毎週水曜日
月 日 内   容
1 9月6日(水) オリエンテーション、健康チェック、 体力チェック
2 9月13日(水) ストレッチング、 筋力アップ体操(初級)
3 9月20日(水) 同上 認知症予防
4 9月27日(水) 同上
5 10月4日(水) ストレッチング、 筋力アップ体操(中級)、認知症予防
6 10月11日(水) 同上
7 10月18日(水) 同上 バランストレーニング
8 10月25日(水) 同上
9 11月1日(水) ストレッチング、 筋力アップ体操(上級)、認知症予防
10 11月8日(水) 同上 嚥下体操
11 11月15日(水) 同上 認知症予防
12 11月22日(水) 健康チェック、体力チェック、 結果説明、まとめ

ロコトレサロンのご案内

ロコモーティブシンドローム

運動器の機能不全による要介護状態のみならず、要介護リスクが高まった状態を広くさす ~日本臨床整形外科学会~ 65歳以上の方ならどなたでも参加できる「ロコトレサロン」があります。 下のリンクからどうぞ。 ロコトレサロンのご案内