夏場の健康管理『脱水』

暑い日が続き、なんだか元気がなく、食欲もない・・・。夏バテ?
高齢者でこんな症状のときは『脱水』を疑った方がいいかもしれません。
人間の身体の60%は水分です。このうち10%以上減ると脱水状態になります。 脱水になると最初は元気がない。食欲がない。尿量が減る。便秘、吐き気、さらに37℃前後の微熱が出るなど、さまざまな形で現れます。このまま放置しているとわけのわからないことを言ったり(幻覚)、話しかけてもすぐに眠ってしまう傾眠状態や意識障害を起こします。また血液の流れが悪くなることで脳梗塞を起こしたり、糖尿病が悪化することもあります。最悪死亡することもあり、毎年、何人もの高齢者が『脱水』で入院している怖い症状です。 特に高齢者は体内の筋肉量が減ると共に水分を蓄積する力が少なくなり、逆に尿量は増えます。加えて、喉の渇きを感じにくくもなるため結果的に補給と排泄のバランス維持が難しくなり、脱水のリスクが高くなっています。 『脱水』かも?と感じたら、水分補給。水にかぎらず、お茶、スポーツドリンク、牛乳など好みのものをおすすめします。飲み込みが難しい場合はゼリー状の飲み物も良いでしょう。

< 早期発見のポイント>

  1. 口唇皮膚の状態(脇の下がかわいている・全体にかさかさしている)
  2. の状態(唇が乾燥している・舌が乾燥、亀裂がある・唾液が粘調)
  3. 全身状態(元気がない・食欲がない)
  4. 便秘、下痢、嘔吐どれか一つでも当てはまる症状がある。
 脱水症状が進むと飲む気力もなくなります。そんなときは早めに医療機関に相談しましょう。

夏野菜のゼリー寄せ

夏野菜のゼリー寄せ写真いつも作っている汁物を涼しく夏向きに!

「夏野菜のゼリー寄せ」

夏野菜にはほてった体を冷やしてくれる働きがあります。冬瓜やなすは加熱して食べることが多いと思いますが、キュウリは生で食べることがほとんどではないでしょうか。加熱して食べると冬瓜のような食感で食べられます。生で食べるより消化がよく、暑さで弱った胃には優しくなります。
作り方
  1. きゅうり、とうがん、なすなど30gを水煮し、和風だし、コンソメ、しょうゆなど好みで味付けする。
  2. 水100ccに対し、ゼラチン1.8gをいれて溶かす。
  3. とき卵1/2個分を入れ、軽く混ぜ、容器に入れて冷やし固めます。

介護保険平成18年4月改正内容〈その2 地域包括支援センター〉

「地域包括支援センター」。4月から施行された介護保険の中で創設されたセンターの名称である。認知度はまだまだ低いが、今後の地域社会のセーフティーネットの一部になることを期待された、新しい機関なのである。このセンター、市町村の責任で設置が義務付けられており、その設置方法は自治体により直営方式と委託方式に大別される。ちなみに浜松市は委託方式。 地域包括支援センターの目指すところは「地域において高齢者等の抱える様々な生活課題を柔軟な手法を用いて解決し、地域での尊厳あるその人らしい生活を継続してもらうこと」。その実現のために
  1. 地域のサービスネットワークを構築する
  2. 相談を総合的に受け止める
  3. 虐待など高齢者権利擁護に努める
  4. 断続的で包括的なサービス提供のための地域の中での体制づくり
  5. 介護予防事業が効率的に行われる支援
といったことが基本的機能として位置づけられている。 もっと具体的には、高齢者や家族の相談を受け、適切なサービスや機関へつなげる・介護予防サービスの計画立案・虐待など高麗社への権利侵害防止・ケアマネージャーへの支援などが挙げられている。 介護保険導入でサービス事業者が増えた一方で、適切なサービス利用やケアマネージャー業務の心身の負担の大きさについてはいろいろな意見が述べられている昨今、委託方式とはいえ厳しい公益性と地域性が担保され、保健師・主任ケアマネージャー・社会福祉士の3職種による重層的なチーム活動を国の計画の中では求めている。 浜松全市で平成18年度は8か所でスタートし平成19年度以降には17か所になる予定である。

介護保険のサービスを利用するにはどこに申し出ればいいですか?

介護保険の認定を受けた方が実際にサービスをご利用になるには、居宅介護支援事業所(ケアマネージャーのいる事業所)にご相談する必要があります。 ケアマネージャーは介護認定を受けた方とそのご家族の「生活上の困りごと」や「こういう生活をしたい」というご希望をうかがいケアプラン(介護計画)を作成します。 心身に障害のある方や高齢者が、その方なりの自立した生活を目指すための計画書がケアプランです。介護保険のサービスは多種多様ですが、どのサービスもケアプランに基づいてのご利用となります。 介護保険のサービスは利用者の生活の質と自立度をアップさせるために使われるものです。サービスを利用した方が「今まで大変だったことが易しくできた」「誰かの手を借りずに自分でできた」「生活の幅が広がりいきいきと暮らせるようになった」などと感じられれば皆様が納めた大切な保険料も有効に使われたと言えるでしょう。ケアプランとは介護のみならずその方の生活全般が反映されるものなのです。 お近くに居宅介護支援事業所がない、どこに相談したらよいかわからない場合は市役所、各総合事務所の介護保険の窓口で資料の配布などで紹介しています。

乾燥季節の健康管理 『かゆみ』

夜寝ているとむずむずっとかゆくなって、「かゆくてかゆくて眠れなかった」といった経験はありませんか。 誰でも年齢を重ねると個人差はありますが、皮膚の乾燥が始まります。生理的な変化ですが寒くなってくるとこの皮膚の乾燥による「かゆみ」が皆さんを苦しめます。 この皮膚の乾燥を軽く見てはいけません。かゆみによる不眠やイライラが日常生活のリズムを崩し、心身ともに不調になることも十分に考えられます。ひどい場合は「老人性乾皮症」として治療の対象になります。
《日常生活におけるかゆみを予防するポイント》
  1. 入浴後10分以内に保湿剤を塗って保湿を心がける。(入浴で蓄えられた水分は20分ほどで蒸発してしまいますから)
  2. 入浴時の石鹸の使い過ぎやナイロン素材でゴシゴシ洗わない。
  3. 過剰な暖房は避け、適度な加湿を心がける。(コタツや電気毛布の使用は水分を蒸発させる状態を常に作ってしまうので好ましくありません)
  4. 下着は木綿のもので肌への刺激を減らす。
まだまだ寒さや感想は続いています。かゆみは本当に苦しいですがついついかくとさらにかゆみが増し、かき壊すと乾燥性の湿疹に進行してしまいます。 ひどい場合は専門医にかかって治療をしましょう。

介護保険平成18年4月改正内容〈その1〉

平成18年4月の介護保険改正では認定区分が「要支援1」「要支援2」と「要介護1~5」の7区分に変更されることになった。「要支援1」または「要支援2」の認定者は自動的に「新予防給付」の対象になる。変更自体は4月から有効期限に準じて少しずつ行われてゆく予定だ。 「新予防給付」では「通所介護」を受ける場合、現行の介護給付はされず、代わりに「介護予防通所介護」という新しい予防給付によるサービスを受ける。その他の介護給付も同様に「介護予防○○」となる。 並行して「新予防給付」には、認知症対応型の地域密着型(地域限定で小規模が特徴)サービスがいくつか創設され、含まれる。 この「新予防給付」の目指すところは「高齢者が要介護状態になること並びにすでに軽度な要介護状態にある高齢者が重度な要介護状態になることの予防」である。社会保障費抑制効果を期待しての改正ではあるが、今後西暦2007年問題も視野に入れて介護保険自体の考え方が大きく変わっていく節目になりそうである。

豆腐白玉の桜あん

豆腐白玉の桜あん写真まだまだ寒い日が続いていますが、歴の上ではもう春です。まずはお部屋の中でお花見でも。

「豆腐白玉の桜あん」

作り方
  1. ボールに白玉粉と木綿豆腐・上白糖・抹茶を入れよく混ぜ、耳たぶの固さになるように水か豆腐で調整する。
  2. 2cmくらいのボール状にまるめ、沸騰した湯に入れ加熱する。浮いてきたら水にとり冷やす。
  3. 桜の花びらの塩漬けは水につけて軽く塩抜きをする。
  4. 上白糖・片栗粉・水であんを作り最後に塩抜きした桜の花びらを入れ火を止める。
  5. 器に豆腐白玉を入れ、桜あんをかける。好みによりあんこやフルーツなどを盛り合わせる。
豆腐で白玉団子を作ると水で作るよりもやわらかく食べやすく、豆腐の栄養もそのまま取れるので栄養価の高いおやつになります。砂糖の代わりに煮出しを入れて作り、団子汁にするなど簡単にアレンジしてもおいしくいただけます。
材料一人分
 
豆腐団子
木綿豆腐 50g
白玉粉 30g
抹茶 少々
上白糖 5g
桜あん
桜花びら塩漬け 1枚
上白糖 8g
片栗粉 1g
30cc

介護保険サービスは誰でも使えるの?

介護保険のサービスを利用するには、行政の窓口に申請して、介護が必要な状態かどうかを判定を受ける必要があります。判定は以下の手順です。
  1. 判定のため本人の情報を集めます。
    • 主治医の意見書:本人の身体の状態などについて主治医が意見書を作成します。
    • 訪問調査:日常生活において介護が必要な状態かを実際に自宅で調査します。
  2. 集めた情報をもとに判定します。
    • 認定審査会:意見書と調査書をもとに介護が必要な状態かどうかを判定します。
 介護保険の認定が決まりましたら、ケアプランを作成し、実際のサービス利用となります。申請から判定まで約1か月かかります。緊急にサービスの利用が必要な場合は申請時にご相談ください。 判定結果が非該当(お元気で介護が必要ない)となる場合もあります。介護保険の対象とならない方のための高齢者福祉サービスもございます。市役所、各総合事務所の高齢者相談窓口までご相談ください。

ボランティアさん募集!

社会福祉法人公友会ではボランティアをしてくださる方を募集しています。ぜひ施設の中に地域の風を送り込んでください。できるところから少しずつ始めてみませんか?

【募集内容】

  • 外出同行
  • お話し相手
  • ゲームのお相手
  • お茶の支度
  • 折り紙や手工芸、絵画指導など
時間や頻度などご相談によって無理のないところからお願いしています。

【問合せ先】

TEL428-5551 担当/前田・村崎