三味線ボランティア(10月19日)

今年はなんだか、お天気の悪い日ばかりだと思っていたら、このごろ、ほ~んとポカポカといい日が続いて嬉しくなっちゃうわ。
こんな日はお散歩、お散歩。。

津軽三味線 あら、ケアホームしあわせの大林(たいりん)ホールから、チントンシャン・・あれは。三味線ね!
今日は2018年10月19日(金曜日)、ケアホームしあわせに三味線ボランティアの若月幸治郎先生が見えてくださり、14:00~15:00まで演奏を披露してくれたのよ。

デイサービスしあわせの利用者さん、ケアホームしあわせに入所している方、ショートステイの方など合わせて50人余の人が集まっていたのよ。すごい人気!
手拍子で盛り上がり 演目は「斎太郎節(さいたらぶし)」から 始まり、「ソーラン節」「花笠音頭」を皆で歌ったり手拍子したり。端唄と呼ばれる「秋の野に出て」の朗々と響く歌声に聞き入ったり。
お客さんは、あとから聞きつけて来られる方や、疲れて部屋にお戻りになる方もいて、職員さんが目配り気配りでスムーズに対応しているのが印象的だったわ。

会場からのリクエストで「春雨」を演奏したり、三味線の醍醐味、津軽どんどろ、津軽じょんがらなどを聞いてはそのテクニックに圧倒されちゃった。
踊りを披露 その後は着物を着替えて、踊りの演舞。「天龍流し」「夫婦かたぎ」は決まっていたわねー。客席まで降りてきて踊るので利用者さんとの距離もぐっとぐっと縮まったわ。

アンコールでは三山ひろしの「男の流儀」。車椅子の方が多いのでスタンディングオベーションとは行かないけれど、拍手はすごかったわ~。

元気をもらえる企画がたくさんあって、職員さんが盛り上げて、安心して楽しめるというのが、秋のお散歩日和にちょうどいいアクセントになったみたい