開催しました~介護者教室6/21、男の料理教室6/24、認知症サポーター養成講座6/26

高齢者相談センター三方原で主催した3つの教室についてのご報告です。
介護者教室「今どきの病院事情と自分が決める生き方」
日時平成29年6月21日 10時~11時30分
場所百園老人憩いの家
人数38名
様子出席された方は、講演の内容を真剣に聞いていました。教室後のアンケートでも、自分の終末期における意思表示の大切さと、家族との共有の大切さ、また、病院に長期入院することで機能障害の恐れがあることへの納得感が出ていました。
男の料理教室
日時平成29年6月24日 11時~13時30分
場所高齢者相談センター三方原2F
人数18名
様子献立はカレーライス、ポテトサラダ、野菜のかき揚げでした。 料理によって生活の楽しみを増やし、家族の家事負担も軽減できる、男性のための料理教室です。参加者の方々は、わいわいと楽しく調理し、お昼においしくいただくことができました。
認知症サポーター養成講座
日時平成29年6月26日 11時~12時
場所三方原協働センター
人数約35名
様子参加された方はみな真剣に話を聞いていました。高齢化で認知症の方も増えている地域社会、理解を深めて安心して暮らせるように心がけたいものです。高齢者相談センター三方原では、資格を持ったものが出前講座に伺いますので、一人でも多くの方にお伝えできるよう、どんどんお声をかけてください。お待ちしております。