「認知症の方を地域で支えよう」

介護者教室

浜松市委託事業
高齢者相談センター三方原(地域包括支援センター三方原)主催

「認知症の方を地域で支えよう」

皆さん「認知症」と聞いてどのような印象を持ちますか? 厚生労働省より2025年には700万人を超えるとの推計値が発表されております。 これは、65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症という計算になります。 認知症高齢者の数は2012年の時点で全国に約462万人と推計されており、既に約10年で1.5倍にも増える見通しがたっております。 認知症になっても、住み慣れた地域で安心して暮らしていく為に、家族を含め、周囲の私達に何ができるか一緒に考えてみませんか?

日時平成28年7月26日(火)
10時~11時半
場所新都田市民サービスセンター
(浜松市北区新都田3-13-1)【地図】
参加費無料
対象者介護者または近隣の援助者、地域住民、認知症に関心のある方 等
講師浜松医科大学医学部附属病院 医療福祉支援センター センター長 特任教授
 小林利彦先生
内容講演と質疑応答
認知症と思われる方を地域でどのように見守り、支えていくことができるか講演をいただきます☆
申し込み
受付期間
~平成28年7月25日(月)まで お電話にて承ります!!
たくさんのご参加お待ちしております🌸
お申し込み・ご連絡先
高齢者相談センター 三方原
電話 428-6333