手もみ体験会

2012年10月17日 茶葉の手もみ体験会
~ケアホームしあわせ~

元気くんしあわせげんきです。 2012年10月17日にケアホームしあわせの大林ホールで行われた茶葉の手もみ体験会に行ってきました。テレビなんかで手もみ体験がどこどこで開催されたって聞くんですけど、僕は初めての体験でした。 茶手もみ保存会の皆さんが「ほいろ」という道具をケアホームしあわせの大林ホールに搬入して、蒸した茶葉をその上にあけて時間をかけて乾燥させて「手もみ」の実演をしてくださいました。 ほいろのまわりで作業します僕、茶筒に入ってるお茶の葉はよく見るんですけど、あんなに時間をかけて作るんだって初めて知りました。
朝9時に、茶手もみ保存会の皆さんがケアホームしあわせに来られて、40名ほどのケアホームしあわせの利用者の皆さんが、乾燥の初期段階の手もみを体験しました。
丁寧にそのあと、午後に入って保存会の方が仕上げを行なっていました。 持ち込まれた蒸した茶葉は2・4kgだったんだけど、乾燥すると5分の1になるって最初に聞いてはいたんだけど、ほんとに分量が少なくなっちゃってびっくりしたなぁ。乾燥した茶葉はすっごくデリケートなんでそぉっと扱わないといけないんだって。ううん、今度は茶筒の中の茶葉をゆっくり見てみよう。