デイサービスの作品

しあわせ花子よ。 手芸作品 10月15日夕方、ケアホームしあわせのデイサービスセンターの利用者さんの作品を見に行ってきたの。

玄関前にあったのは手芸作品だったわね。新作は着物を着たウサギの人形で、20cmぐらいの高さで渋茶の布の上に巾着や綿菓子を持って並んでたわね。秋って感じがしたわね。お裁縫好きな利用者さんが、着物とウサギの体を手で縫い合わせて作るんだけど、週1回1時間、その時間を3・4回かけて完成させるんだわね。型紙は同じだけど完成すると、作った人にどこか似てて面白いって職員の寺田さんは言ってたわね。 習字の作品 書道の作品はたたみの部屋にあったわね。11月に入って書き初めの練習が始まると、ボランティアで来て下さる先生がお手本を用意して、利用者さんはその中から好きな物を選ぶわね。みんなやる気満々で、コンテストで賞をとる人もいるらしいわね。半身まひの方でもとっても上手な字を書いてたわね。力強くどっしりとした物とか、流れるように美しくくずしている物とか、2文字だけのとか文章になってるのとかあったわね。見ていて引きつけられる物が多かったわね。