10年後の健康を考える

 平成20年度4月より特定健康診査と特定保健指導がはじまりました。既に健康診断等で、腹囲の計測を行われた方も多くいらっしゃると思います。健康検査で血糖値に異常があった方の約43%は、10年後に糖尿病患者になっている報告があるそうです。  メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)や糖尿病患者は、生活習慣の改善によって予防・改善する事が出来ます。10年後も変わらず健康でいられるためには、自分自身で健康管理を行っていく必要があります。      1日3食、腹八分は基本的な食生活ですが、それに加えて重要なことは基礎代謝を上げることです。テレビを寝転んで見るのと、イスに座って見るのでは、カロリー消費が違います。イスに腰掛けているだけでも姿勢を保持する為に筋肉を使います。また、イスに座りながら足踏みをすると筋力がアップし消費カロリーが上がります。こんな日常のささいな事で基礎代謝は維持され、努力によっては代謝アップしていきます。   本来、基礎代謝は年齢と共に低下していきます。10年間毎日、全く同じ食事と同じ行動をしているとします。それでも、体重は増えていきます。それが基礎代謝の低下なのです。体型と健康を維持するには常から自分で意識していくことが大切です。10年後の健康に為に、ご自分で何が出来ますか?  徒歩で10分以内のお店は歩いて買い物に行く。エスカレーターはやめて階段を使う。イスに座っている時は足踏みを10回する。テレビはイスで姿勢良く見る。など、日常のささいな事が数年後・10年後の健康を決めていきます。自分の健康は、自分自身の心がけ次第ではないでしょうか。身近なことから何か始めてみませんか?