日常の健康管理  ~お口の健康~

80歳になっても自分の歯を20本残そう! 「8020(ハチマルニイマル)という言葉をご存知ですか? 80歳になっても自分の歯を20本残そう!という歯を大切にするための運動です。 20本の歯があれば、酢だこ・するめイカ・たくあんなどの噛みにくい食べ物もおいしく食べられると言われています。実際に80歳を超えて20本以上の歯がある人は毎日元気に過ごしていることが知られています。  歯を失う2大原因は、むし歯と歯周病です。歯周病は年齢と共に増加しますが、むし歯で歯を失う人も高齢になればなるほど増加します。  歯と口のケアはむし歯や歯周病予防のためだけでなく、全身の健康を守るためにとても大切です。