高齢になっても住み慣れた地域で暮らし続けて

『高齢になっても住み慣れた地域で暮らし続けて』いただくために、平成19年4月より『地域包括支援センター三方原』※がスタートします。 自分らしく尊厳ある生活を住み慣れた地域で続けていくためには「できるだけ心身ともに今の状態を保つ、もしくは良くなっていく」ことが大切です。その実現に少しでもお役にたてるよう、以下の事業を中心に活動します。
  1. 相談内容により必要なサービスや制度をお知らせ、紹介いたします。 (ご相談は電話や訪問などとご希望をお聞かせください)
  2. 高齢者の権利の擁護や虐待の防止に取り組みます。 高齢者の虐待通報先にもなっています。
  3. 要支援1・2と認定された方や介護保険非該当になった方にとって必要なサービスを一緒に考え適切に利用できるようにお手伝いします。
 
【お問い合わせ先】
  • 浜松市北区新都田5-12-21 電話053-428-6333
 
  • ※地域包括支援センター三方原は浜松市からの委託事業です。担当地区は初生町・三方原町・東三方・豊岡町・三幸町・大原町・根洗町・新都田・鷲沢町・滝沢町・都田町です。
  • ※包括支援センターの利用は無料です。